自分に合う歯医者さんを探すためのヒントがいっぱい!の総合情報サイト

>

予約の取れない歯医者さん=評判の良い歯医者さんとは限らない?

歯医者になっても引続き最新の治療法を勉強

歯医者になるのに、大学に入って4年で一通りを学び、大学院では専門分野の内1~2分野を選択して知識を深めるので、歯科医は全専門分野において、高い技術と深い知識がある訳ではありません。
また、どの医療分野においてもそうであるように、歯科医になっても最新の治療法や医療技術の知識を得る為に、学会やイベント等に参加し、引続き勉強しなくてはなりません。
学会やイベントは木曜日・日曜日に開催されることが多いので、年中無休で診療をしている歯科医院の場合、複数の歯科医がいて、交代制で学会に参加しているかも重要になります。
学会やイベント等に参加する事で他の専門分野に深い知識を持った歯医者との交流ができ、自分に深い医療知識がない分野の症例では、お互いを紹介したりされたりできる関係が作られる訳です。
名医は常に予約で一杯なので、勉強会に参加して先生同士知り合うきっかけがない限り、紹介して貰っての診察はありえませんから。

HPで自分に合う歯医者さんを探そう!

大学病院等での専門分野の呼称等について先述しましたが、HPでは違う呼称等になっています。
検索で探す時のヒントになり易いように、症状から専門分野のHP上での呼称等を紹介しましょう。
虫歯・(親知らず等)抜歯・歯周病等歯の病気や定期健診、治療後の歯磨き指導や歯石除去等の総合的な診療は一般歯科、歯に関わる顎(抜歯は顎の骨に関する外科的な施術なのでこちらにも含まれてくる)・舌・唾液腺等の診療は口腔外科(但し最近では、舌癌、歯肉癌等の鎖骨から上の領域の悪性腫瘍を専門的に診察するのは頭頸部外科)、歯並びや噛み合わせの診療は矯正歯科、歯を白くする診療は審美歯科(クリーニング、ホワイトニングは一般歯科・矯正歯科と併設されている事が多い)、小児歯科は文字通り、未成年や幼児の治療と、成長に合わせた保護者への指導となります。
尚、HPには歯科医が担当した症例写真や何を専門としているかの紹介がある医院を選びましょう。