自分に合う歯医者さんを探すためのヒントがいっぱい!の総合情報サイト

>

最近流行りの「無痛治療」にもいろんな種類が

無痛治療のメリット・デメリットを知ろう!

今でこそ主流の無痛治療ですが、いろんな種類があるうえ、患者によってはメリットもあればデメリットもあります。
・2段階麻酔:麻酔の注射前に表面麻酔(歯肉にゼリー状やシール・スプレータイプ等の薬を塗る)を行い歯茎の感覚が鈍くなってから注射器で麻酔液を注入する方法。
また、最近では注射器の針が刺さる痛みを軽減する為、手動の注射器よりも更に針が細い電動注射器も登場。
電動注射器だと針先を細くし、コンピューター制御で圧力を一定に保ち、手動の注射よりも痛みを感じにくくできます。
・無針麻酔:高圧で麻酔液を患部に吹き付けるといった針を使わない方法です。
尚、無痛治療は保険適用になりますが、表面麻酔は保険が適用されない自由診療にあたりますので、費用についても事前に担当医と相談しましょう。
勿論、費用に限らずに、どの麻酔の方法が患者の負担にならないか等の説明や、選択肢を沢山与えて患者に選ばせてくれる歯医者が良いですね。

笑気吸入鎮静法(笑気麻酔)と静脈内鎮静法

無痛治療の方法の内、笑気麻酔と静脈鎮静法は、患者が治療中に怖いと感じる事がないようにと、患者の精神面を考慮した治療法です。
・笑気麻酔:正式名称は笑気吸入鎮静法といって、亜酸化窒素のガスを鼻から吸入させて患者をリラックスさせる方法で保険の適用が受けられます。
但し、アレルギー性鼻炎・中耳炎などの耳鼻疾患や気胸・喘息等の呼吸疾患がある人、パニック障害・過呼吸症候群の経験がある人等には向きません。
上記の他に持病があったり不安があった場合は相談しましょう。
・静脈内鎮静法:腕の静脈に点滴麻酔を行う方法で、眠った状態になりますが、問いかけに対する反応はある状態で、笑気麻酔では向かないとされるパニック障害の人や嘔吐反射が強い人でもこの方法なら大丈夫でしょう。
尚、歯医者でも大掛かりな手術の場合には全身麻酔が使われます。