自分に合う歯医者さんを探すためのヒントがいっぱい!の総合情報サイト

>

プラーク(歯垢)コントロールと虫歯・歯周病予防の歯石除去

治療後も大事!歯磨きのコツをしっかり指導

無痛治療で歯医者に行きやすくなったとは言え、歯の治療には時間と費用がかかりますから、あまり歯医者を利用しないに越した事はありません。
そこで虫歯治療の後に重要となるのがプラーク(歯垢)コントロールです。
プラーク(歯垢)は的確な歯磨きで除去できるので自宅でもできます。
故に、治療後に歯磨きの指導を丁寧に行っているかも、歯医者を選ぶうえでの大事な判断材料と言えます。
自宅でできるプラークコントロールには歯磨きの他に、歯と歯の間を磨く歯間ブラシやデンタルフロス、マウスウォッシュ等いろいろありますが、先述の通りプラークの基となる糖分の摂取を控える事もプラークコントロールにあたります。
プラークには細菌が多く含まれていて、その細菌が臭気を放ちますから口臭予防にもなりますね。
但し、どんなに頑張っても唾液がある限り完全な除去は不可能なので、歯石に発展してしまったら歯医者の専用機器で除去して貰うしかありません。

PMTCって何?スケーリングは保険適用?

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で「プロ(の)機器(を使った)歯磨き」…、要は歯医者の専用機器で歯をキレイにするという事です。
毎日頑張って歯磨きをしても取り切れなかった歯垢が発展してできた歯石を剥がすには、自分で出来たとしても、歯や歯茎を傷つけ炎症を引き起こし別の問題に発展し易いので、最初からプロに任せた方が痛い思いをせず、通院回数も少なくて済みます。
但し、PMTCは自由診療なので費用が高めです。

最近は若い人にも増えている歯周病。
原因となる歯石の除去をスケーリングといい、歯周病予防の一環として歯医者で保険適用で除去できます。
歯周病は重度になると顎の骨が溶けるまでになり、そうなると人工の歯を入れるどころではなくなってしまう怖い病気ですから、歯石は放置しない方が良いでしょう。
尚、症状によって方法は変わるので担当医とよく相談しましょう。